©2018 by 田中健太郎. Proudly created with mamashoku

検索
  • t9560088

背景、○○星人の皆様 その②

続編など全く書く予定ではなかったが、友人がある事を言っていたのでそれについての考察をしたい。 内容を簡単に言うと 【地球に産まれてくる目的は修業のため。】 これに関しては、大まかな捉え方をすれば間違いではないと考えている。 間違いではないとあえて濁した理由について述べたい。 確かに人間含めて、その他の生物は進歩するようになっている。その面では修業という解釈は正しいと思う。 だが、それは地球に産まれてくる理由ではないと考えている。 以前他の記事でもチラッと出したが、私の世界に対する考え方は、 ①絶対不可知の闇 ②創造の光 ③宇宙 ④銀河系 ⑤太陽系 ⑥惑星系 ⑦地球 ⑧月 という順序で発生したと捉えている。簡単に言うとトップダウン形式だ。 だが、生物の進化の場合は ①鉱物 ②植物 ③動物 ④人間(地球人) ⑤弟子 ⑥大師(超人) ⑦以下省略 と言った感じでボトムアップ形式だと思っている。④人間を(地球人)としたのは、この記事の前編になる「背景、○○星人の皆様」でも述べたように、惑星系、太陽系の法則から抜け出せるのは、ある領域まで到達している一部の人間のみだからだ。 なので、修業のために産まれてくる訳ではなく、修業しないと次に進めない。 という事だ。 なので、【地球に産まれてくる目的は修業のため。】とは、間違ってはないが正しくはない。 だが、ここで一つ問題がある。それは私の腹筋を何よりも鍛えさせてくれる愛しの自称○○星人の皆さんが言っている言葉にある。 これまたおめでたい自称○○星人の崇高な皆様は口を揃えて「肉体が無いと体験できないので○○星から、地球に降りてきた。」と言われている。 俺から言わせれば、修業を経て進化し次の段階に進めたのにワザワザ降りてきて下さるとはなんと素晴らしい方々なんだろー と感動して涙が出そうだ😹 答えはタダの妄想にハマってるだけの発言だ。 まぁ大きな意味では間違っても無くもないが、○○星人の皆様が思っている理由とは違うので、やはり妄想だ。 おっと話がそれたが 結局の所、このモノの本質は 【そもそも何故地球に人間が存在しているのか?】という事になる。 それが無いといつまでもこの茶番を繰り返すだけだろう。 しかしそんなモノは正直神様でもない限り分からないに決まってるが、私なりに納得した答えがあるのでいつか述べたい。



4回の閲覧